通信用語の基礎知識 IPv4
戻る
参加者募集中

PDCフルレート

辞書:通信用語の基礎知識 無線電話技術編 (WTELMT)
読み:ピーディースィーフルレート
外語:PDC Full Rate 英語
品詞:名詞

記事の有効期限について

この記事は更新履歴情報のない、旧形式項目です。久しく更新されておらず、古い記述を含む可能性があります。

更新すべき内容を見つけた場合は、ページ末の報告フォームよりお知らせください。また、現在当サイトは編集仲間を求めています

PDC方式ディジタル携帯電話システムで、元々定められたチャンネルあたりの周波数帯域25kHzを使うシステムのこと。1チャンネルを3回線分に時分割して利用している。音声データの転送レートは11.2kbpsである。

PDCハーフレート端末が登場してから、従来のPDCを区別するためにこの語が作られた。回線混雑が深刻なNTTドコモ等が積極的にハーフレート化する中、デジタルホン系J-フォンのみが頑にフルレートによる回線を維持していた。過去一部地域でハーフレートを導入したこともあったが、1999(平成11)年秋には再び全てフルレートへと戻っている。J-フォンの宣伝コピーの "ツナガル。シカモ、イイ音デ。" や "音が!" は、PDCフルレート(正確にはエンハンスドフルレート)の高音質でかつ回線混雑が少ないことを表わしているわけである。

コメントなどを投稿するフォームは、日本語対応時のみ表示されます


KisoDic通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Version 7.03 (16-May-2019)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club