通信用語の基礎知識 IPv4
戻る
全国のICカードこれひとつ

PPP over ATM

辞書:通信用語の基礎知識 通信手順中編 (CPTRAN)
読み:ピーピーピー・オーバー・エイティーエム
外語:PPPoA: PPP over ATM 英語
品詞:名詞
2001/05/06 作成
2011/06/10 更新

ダイアルアップ接続などでよく用いられるPPP接続をATM上で行なうもの。略して「PPPoA」。RFC 2364の"PPP over AAL5"で規定されている。

xDSLのような家庭用常時接続サービスでは、家庭とISP間の通信は1対1であるべきであり、その通信が家庭からISP以外へと向かう必要はない。そのことからPPP技術が用いられることが多い。

xDSLのデータリンク層に相当する部分は現在ATMであるため、PPPoAではIP/PPP/ATMと比較的簡単な構造になることもあってxDSL初期では良く用いられた。しかし、ATMではVCでパスを管理することになるが、その管理コストが高いため、現在はPPP over Ethernet(PPPoE)が利用されるケースが増えている。

PPPoAは一般に普及しなかったこともあり、Microsoft WindowsではOS自体が標準サポートしていない。このため、別途ソフトウェアが必要だが、この方法はNICのドライバーとの相性問題などにより、希に正常に機能できないこともあるので注意が必要である。

関連する用語
ATM
PPP
PPP over Ethernet

コメントなどを投稿するフォームは、日本語対応時のみ表示されます


KisoDic通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Version 7.03 (16-May-2019)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club