通信用語の基礎知識 IPv4
戻る
全国のICカードこれひとつ

Proxy ARP

辞書:通信用語の基礎知識 通信技術中編 (CTTRAN)
読み:プロクシーアープ
外語:Proxy ARP 英語
品詞:名詞
2006/11/08 更新

あるホスト宛のARP要求に対し、ルーターがそのホストに代わってルーターのMACアドレスを返答すること。代理ARP、ARPハックともいう。

特にサブネットを理解できないホストが存在するネットワークでは有効である。

例えば、192.0.2.0/28というネットワーク上にあるホストA(192.0.2.1)と、192.0.2.16/28にあるホストB(192.0.2.17)を考える。

ホストAがもしネットマスクを理解できないなら、192.0.2.xはクラスCのネットワークであり、24ビットのナチュラルサブネットマスクと解釈する。このため192.0.2.17は同じネットワークに属していると考え、まずMACアドレスを知るためにARP要求を出す。しかし、実際にはホストBは別ネットワークのホストなので当然ARPが返らず、結果として通信ができない。

そこで、もしネットワークAのルーターがProxy ARPを行なうよう設定すると、192.0.2.17へのARP要求に対してそのルーター自身のMACアドレスを返すので、ホストAはルーターへパケットを投げ、結局このルーター越しにホストAとホストBとは通信することができるようになる。

このようにサブネットを設定できないホストが存在するネットワークにサブネットを適用するのにProxy ARPは便利だが、しばしば解決困難なネットワークトラブルの原因ともなるため、できれば利用しないのが望ましい。

コメントなどを投稿するフォームは、日本語対応時のみ表示されます


KisoDic通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Version 7.03 (16-May-2019)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club