通信用語の基礎知識 IPv4
戻る
全国のICカードこれひとつ

サブネット

辞書:通信用語の基礎知識 通信技術中編 (CTTRAN)
読み:サブネット
外語:subnet 英語
品詞:名詞
2006/11/09 更新

大きなネットワークを、複数の小さなネットワーク(サブネット)に分割すること。および、その小さなネットワークのこと。

そして、こういった小さなサブネットを束ねるネットワークをスーパーネットという。

目次

例えばIPv4ネットワークのアドレス(IPv4アドレス)は、「ネットワーク」と「ホスト」のアドレスで構成されている。

このとき、先頭から何ビットをネットワークアドレスとするか、という情報を(サブ)ネットマスクという。

IPv6アドレスでは、アドレス内に16ビットのサブネットIDと称されるエリアを持っている。

大規模なネットワークを小さなグループに分割することが可能になり、アクセス効率の向上やネットワークの保守の負荷軽減に貢献している。

実際にはサブネットナンバの異なった領域(セグメントという)同士はルーターにより接続し、互いのネットワークを直接干渉させないようにする。つまり、Ethernetをルーター等の機器で結合した場合は、この一本のEthernetが1サブネットになり、リピーターブリッジにより接続されている場合は全体が1サブネットになる。

コメントなどを投稿するフォームは、日本語対応時のみ表示されます


KisoDic通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Version 7.04a (27-May-2022)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club