通信用語の基礎知識 IPv4
戻る
参加者募集中

RR (HDLC)

辞書:通信用語の基礎知識 通信技術下編 (CTEQIP)
読み:アーアー
外語:RR: Receive Ready 英語
品詞:名詞
2008/02/07 作成
2013/09/13 更新

HDLCの確認フレームの一つで、情報フレームの受け入れが可能であることを通知するもの。

HDLCにおける制御フレームの一つで、Sフレーム(監視フレーム)の一つ。

コマンドとレスポンスの双方で用いる。

LAPBの基本(モジュロ8)動作では、制御フィールドCは次のようになる。

  • N(R) (3ビット、ビット8〜6)
  • P/F (1ビット、ビット5)
  • Frame (4ビット、ビット4〜1) 常に0001

LAPBの拡張(モジュロ128)動作およびLAPDでは、制御フィールドCは次のようになる。

  • 1オクテット目
    • Frame (8ビット) 常に00000001
  • 2オクテット目
    • N(R) (7ビット、ビット8〜2)
    • P/F (1ビット、ビット1)

用途

情報フレーム(Iフレーム)の受け入れ可能の旨を表わすほか、N(R)-1までの情報フレームを正しく受信したことを通知する。

RNRの送出で通知したビジー状態の解除通知にも用いられる。

また、P/F=1としてRRコマンドを送出し、RRレスポンスを勧誘することで相手局を確認する用途にも使われる。

関連

このRRは、HDLCレベルつまりレイヤー2相当での通知である。

RRは、X.25でも同名のものがあるが、こちらはレイヤー3相当であり、このHDLCのRRとは異なる。X.25のRRは、LAPB/LAPDとしてはIフレームとして送られることになる。

用語の所属
HDLC
RR
関連する用語
RNR (HDLC)

コメントなどを投稿するフォームは、日本語対応時のみ表示されます


KisoDic通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Version 7.03 (16-May-2019)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club