通信用語の基礎知識 IPv4
戻る
参加者募集中

SO

辞書:通信用語の基礎知識 通信技術文字用語編 (CTCHRY)
読み:エスオウ
読み:シフトアウト
外語:SO: SHIFT OUT 英語
品詞:名詞
2013/09/29 作成

制御コードの一つで、シフト操作に用いられることが想定されたもの。

目次

ASCIIISO/IEC 646およびその互換符号では0/14(0x0e)が該当する。

EBCDICでも0/14(0x0e)を使うのが一般的である。

ISO/IEC 2022で、7ビットの図形文字表、または8ビットの図形文字表のGLに対し、G0/G1/G2/G3と4つあるバッファーのうちの「G1」を呼び出す際に使用する。

G0はASCIIであることが多いので、ASCII以外を使う場合にはSOを使用し、またASCIIに戻す場合はSIを使う。

一度SOを使用すると、ずっとG1が呼び出された状態になるため、LS1 (Locking Shift 1)とも呼ばれている。

SI=SHIFT INでG0が呼び出され、SO=SHIFT OUTでG1が呼び出されるが、この名前からは、G0は内側(IN)のものであり、G1は外側(OUT)にあるものだ、という思想が見え隠れする。

用語の所属
制御コード
ISO/IEC 2022
0E
関連する用語
SI

コメントなどを投稿するフォームは、日本語対応時のみ表示されます


KisoDic通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Version 7.03 (16-May-2019)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club