通信用語の基礎知識 IPv4
戻る
参加者募集中

SSB受信機

辞書:通信用語の基礎知識 無線技術用語編 (WCYOGO)
読み:エスエスビーじゅしんき
品詞:名詞

記事の有効期限について

この記事は更新履歴情報のない、旧形式項目です。久しく更新されておらず、古い記述を含む可能性があります。

更新すべき内容を見つけた場合は、ページ末の報告フォームよりお知らせください。また、現在当サイトは編集仲間を求めています

SSBの電波を受ける受信機のこと。

基本的な機構はDSBと変わらないが、SSB独自の回路が幾つかある。特徴的なものはクラリファイヤとSSB検波器の構成である。

SSBには搬送波がないため、DSB用の直線検波器ではノイズだけしか聞こえない。そこでSSB検波器(プロダクト検波器)は別途搬送波に相当するものを受信機側で用意する。この発振器をビート発振器(BFO)という。

構成
空中線
└→高周波増幅器→周波数混合器→帯域フィルター→中間周波増幅器──┐
                       ↑                                         │
                   局部発振器←クラリファイヤ      局部発振器(BFO)│
                                                             ↓   │
                                スピーカー←低周波増幅器←検波器←┘

コメントなどを投稿するフォームは、日本語対応時のみ表示されます


KisoDic通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Version 7.03 (16-May-2019)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club