通信用語の基礎知識 IPv4
戻る
参加者募集中

URGパケット

辞書:通信用語の基礎知識 通信技術中編 (CTTRAN)
読み:アーグ・パケット
外語:URG packet 英語
品詞:名詞
2007/01/09 作成
2013/06/21 更新

TCPのパケットで、URGフラグを1にしたもの。

TCP通信で、そのセグメントの緊急ポインターフィールドを有効にする場合は、URGフラグを立てる(1にする)。このパケットがURGパケットである。

緊急ポインターフィールドは、優先的に送信する必要があるデータが存在する時に使用される。

ストリーム通信

TCPの場合、データはストリームとして扱われるため、データには順序が存在する。

データはバッファーより順番に送信される。

受信も順番に行なわれるが、データの処理がまだ終わっていない場合、あるいは必要なデータが全て受信されていない場合には上位層にはすぐには渡さず、必要な処理が終わるまで待機する。

緊急

時には、緊急中止命令を送りたい場合、あるいは即時にアプリケーションに渡さねばならないデータが発生することもある。この時にはURGパケットを送信する。

URGフラグがセットされたパケットは通常のデータストリームではなくなり、バッファーの順序等は無視され速やかにアプリケーションに送られる。このため、out of bandデータとも呼ばれる。

またこの緊急パケットを悪用し、不正なデータを送りつけシステムのクラッシュを目論む攻撃をout of band攻撃という。

コメントなどを投稿するフォームは、日本語対応時のみ表示されます


KisoDic通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Version 7.03 (16-May-2019)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club