通信用語の基礎知識 IPv4
戻る
参加者募集中

WILL

辞書:通信用語の基礎知識 無線電話技術編 (WTELMT)
読み:ウィル
外語:WILL: Wireless IP Local Loop 英語
品詞:固有名詞
2008/09/09 作成

WILLCOMが構築中の、PHSバックボーンのこと。IP化されたWLL、の意。

PHSはISDNの技術であり、従来のPHSは音声の伝送に回線交換網(AO/DI)を利用していた。

WILLCOMは、カーライル・グループに買収された直後でまだ社名がDDIポケットだった頃から、700億円を投じて新ネットワークWILLの整備を始めた。

データについてはIP網を利用するよう網が改良され、ラストワンマイルについても、音声部分のIP化を順次進めた。

このように、改良が進められた完全IP化バックボーンを「WILL」という。

ラストワンマイル

NTTの回線交換網は、日本中に張り巡らされているという点で利便性があり、「ラストワンマイル」として使うには現実的な選択肢の一つではある。しかしこれは通信時間に対する従量課金であり、その上に高額である。これを用いているうちは、定額化は言うまでもなく、電話料金の値下げも困難である。

そこで、WILLでは音声部分もIP化してコストを下げ、利用料金も低額化する。

地域網

従来は、必ずNTTの地域網を通っていた。このため、通話の度にアクセスチャージが掛かっていた。

そこでDDIポケット時代より順次、NTT交換局内にITX装置を入れ、直接DDIポケット(現WILLCOM)のIP網へと流せるようにした。

従来通りNTT地域網から回線交換網を経由するルートも残されるが、おおむねトラフィックの8割をIP網に移行させるべく計画された。

基地局

基地局も改良が進められた。これは、網と利用者を結ぶ無線系である。

従来の基地局は、一局あたり4チャンネルであったが、新しい基地局は一局あたり14チャンネル以上、1チャンネルあたりの通信速度は32/64kbps以上とされた。

用語の所属
PHS
WILLCOM
関連する用語
基地局

コメントなどを投稿するフォームは、日本語対応時のみ表示されます


KisoDic通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Version 7.03 (16-May-2019)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club