通信用語の基礎知識 IPv4
戻る
参加者募集中

WLL

辞書:通信用語の基礎知識 無線電話技術編 (WTELMT)
読み:ダブリューエルエル
外語:WLL: Wireless Local Loop 英語
品詞:名詞
1999/08/30 作成
2010/06/16 更新

加入者系無線アクセスシステム。ネットワークと端末の間を無線で結ぶ固定電話システム。

1998(平成10)年12月に郵政省(現在の総務省)が認可したサービスで、電柱やビルの屋上に設置されたアンテナ(基地局)から無線で企業や各家庭までの回線を構築するもの。

工事はアンテナ設置だけなので、銅線光ファイバー等を敷設するよりも短期間かつ低価格で実現できる。

まだ使われていない高周波帯(22GHz帯、26GHz帯、38GHz帯など)を使用し、一対一(P-P)の場合で最大150Mbps、一対多(P-MP)の場合で最大6Mbps程度を実現する。

構成

次のような機器で構成される。

  • 基地局制御装置(CSC: Cell Station Controller)

    加入者線交換機とWLLネットワークとの信号変換やプロトコル変換を行なう。

  • 遠隔装置(RU: Remote Unit)

    サービス地域に設置し、複数の基地局を収容する。

  • 基地局(CS: Cell Station)

    各加入者端末(PS: Personal Station)と無線通信を行なう。

サービス

日本でも、その後様々なサービスが実際に展開された。

但し、古い時代からあるもので、現存するものは、NTT地域会社の「Bフレッツ ワイヤレスタイプ」のみのようである。

ITU-RはWLLをFWAと呼ぶように勧告しており、現在では日本でもFWAと呼ばれている。近年期待されているのは、WiMAXである。

関連する用語
FWA
高周波
基地局

コメントなどを投稿するフォームは、日本語対応時のみ表示されます


KisoDic通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Version 7.03 (16-May-2019)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club