通信用語の基礎知識 IPv4
戻る
参加者募集中

here症候群

辞書:通信用語の基礎知識 通信技術蜘蛛編 (CTWWW)
読み:ヒアしょうこうぐん
外語:here syndrome 英語
品詞:名詞
2000/08/27 作成
2006/11/22 更新

ハイパーリンクの文字列をhereclick hereこここちらここをクリックといった言葉にしてしまうこと。また世の中のそのような傾向のこと。

ハイパーリンクの思想からすると、「ここをクリック」という言葉をリンクにした時には、そこから「『ここをクリック』という言葉が意味する事」という情報が得られなければならない。

しかし、実際にWebページでそのようにハイパーリンクを設定している例は殆どない。その前後の文脈から判断される何かにハイパーリンクされている事がほとんどである。

これはハイパーリンクの概念に反することであり、そのような記述は本来すべきではないが、殆ど守られていないのが実情である。

更に、目の不自由な人がページの音声読み上げソフト等を利用した場合にも重大な問題となる。目で周辺を追わねばリンク先が何であるか分からないからである。

悪い例

悪い例(*の間がハイパーリンク)

○月×日に△△△が新発売!

新製品の情報は*こちらをクリック*してください。

良い例

○月×日に*新製品△△△*発売!

関連する用語
ハイパーリンク
ハイパーテクスト

コメントなどを投稿するフォームは、日本語対応時のみ表示されます


KisoDic通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Version 7.03 (16-May-2019)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club