通信用語の基礎知識 IPv4
戻る
参加者募集中

ハイパーリンク

辞書:通信用語の基礎知識 通信技術蜘蛛編 (CTWWW)
読み:ハイパーリンク
外語:hyperlink 英語
品詞:さ変名詞
2006/11/28 更新

電子上の文書で、情報から情報へ、任意に渡り歩くことができるようにした仕組みのこと。

1965(昭和40)年にTed Nelson(テッド・ネルソン)によりXANADUの概念が発案され、この機能の一つがハイパーリンクである。

また、このハイパーリンクにより構成された文書(テクスト)をハイパーテクストという。

実際の実用例としてはWWWがあげられる。

WWWでは、リンク部分を選択することによって、次の文書に渡ることができる。この機能のためにWWWではHTML(ハイパーテクスト・マークアップ言語)と呼ばれる独自の文書書式が使われている。

特許

しかし、本来の発明者ではない英国BT社が1977(昭和52)年に米国特許を出願(特許番号4,873,662)して1989(平成元)年10月に成立、2000(平成12)年にはISPを提訴する騒ぎとなった。

この特許権は2006(平成18)年10月まで存続したが、インターネットのハイパーリンクは英国BTの特許を侵していないとして裁判所は訴訟を退け、英国BTは2002(平成14)年8月23日に敗訴した。

コメントなどを投稿するフォームは、日本語対応時のみ表示されます


KisoDic通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Version 7.03 (16-May-2019)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club