通信用語の基礎知識 IPv4
戻る
全国のICカードこれひとつ

i・ナンバー

辞書:通信用語の基礎知識 固定電話サービス編 (WTELFS)
読み:アイナンバー
外語:i number 英語
品詞:商品名

記事の有効期限について

この記事は更新履歴情報のない、旧形式項目です。久しく更新されておらず、古い記述を含む可能性があります。

更新すべき内容を見つけた場合は、ページ末の報告フォームよりお知らせください。また、現在当サイトは編集仲間を求めています

INSネット64またはINSネット64・ライトの回線1本につき、最大2個まで追加の電話番号が持てるサービス。つまり、契約者回線番号(親番号)と追加番号(子番号)あわせて、1回線で3個の電話番号が利用できる。サービスはNTT地域会社が提供している。

機能はINSダイヤルインと似ているが、実現のための仕組みは全く違う。

料金は1番号の追加で毎月300円、2番号追加で毎月400円。なお、INSネット1500では使用できない。またINSダイヤルインとの組み合わせもできない。

i・ナンバーを利用するためには対応したターミナルアダプター(TA)が必要になる。2つ目以降の番号(子番号)に掛かってきた電話は交換機が親番号回線に接続された対応TAの指定ポートに接続するように変換する。

コメントなどを投稿するフォームは、日本語対応時のみ表示されます


KisoDic通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Version 7.04a (27-May-2022)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club