通信用語の基礎知識 IPv4
戻る
全国のICカードこれひとつ

ダイヤルイン

辞書:通信用語の基礎知識 固定電話サービス編 (WTELFS)
読み:ダイヤルイン
外語:dialin 英語
品詞:商品名
1999/04/17 作成
2008/06/18 更新

契約者回線番号(これを親番号という)に、別の追加番号(これを子番号という)を付けるNTT地域会社のサービス。

機能

それぞれの番号を別々の通信機器に割り当てることで、着信時に通信機器の使い分けが可能となる。

回線一本で電話2回線分利用できるISDNでは重要ばサービスと言える。

対応する電話

次の電話サービスで契約できる。

料金など

加入電話、INSネットでは、ライトプラン含め、1番号あたり月額800円(税込840円)である。

また、NTT東日本ではダイヤルインエコノプランとして、500番号まで月額50,000円(税込52,500円)、501番号以降は1番号あたり追加月額100円(税込105円)というサービスを提供している。

なお、2007(平成19)年1月以降は、契約番号数に応じてユニバーサルサービス料が加算される。

ISDN

ISDNの場合、親番号へ掛かってきた電話は、そのISDN回線全ての番号の代表扱いとなり、子番号も含めた全ての電話の呼び出しとなってしまう。

しかしISDN全盛の頃は月額も900円と今よりやや高く、2回線分の子番号を取得すると月に1,800円もの出費になり非常に不経済なので、子番号1個だけで2回線ある電話回線を別々に使うためのTAの機能として「グローバル着信機能」が用意されることとなった。

なお、ダイヤルインの子番号からはフレッツ・ISDN等のサービスが利用できない(親番号発信のみ可能)などの制限が存在する。

簡易版

簡易版サービスに、i・ナンバーがある。

もっとも、簡易版とは言っても実現のためのシステムは全く別物であるため、TA等の装置側にも別途の対応が必要である。

申込方法

116、または近くの支店や営業所窓口へ。

コメントなどを投稿するフォームは、日本語対応時のみ表示されます


KisoDic通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Version 7.04a (27-May-2022)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club