通信用語の基礎知識 IPv4
戻る
全国のICカードこれひとつ

sTLD

辞書:通信用語の基礎知識 通信技術識別子編 (CTURI)
読み:エスティーエルディー
外語:sTLD: sponsored Top Level Domain 英語
品詞:名詞
2005/08/23 作成
2012/01/07 更新

スポンサー付きトップレベルドメイン。用途が限定されているTLDのこと。

目次

gTLDの一種であるが、gTLDと違い、特定の業界が利用する事が想定されている。

その業界団体を代表する団体がスポンサーとなり、ドメイン名の割り当てを監督する点が特徴。

2001(平成13)年より、ICANNの承認を受けてsTLDの運用が開始され、その後も続々と増えていった。

また、米国連邦政府用として使われていた3ドメイン(.edu、.gov、.mil)や、国際機関用のドメイン(.int)も、現在ではsTLDに分類されている。

  • 一般向けのもの
    • .aero ‐ 航空業界向け。航空会社や空港が用いる
    • .asia ‐ アジア太平洋向け
    • .cat公称ではカタロニア語とその文化用。NOT 猫用
    • .coop ‐ CO-OPつまり協同組合用
    • .jobs ‐ 人材業界用
    • .mobi ‐ モバイル端末向けコンテンツ用
    • .museum ‐ 博物館用
    • .tel ‐ 電話機との連携用
    • .travel ‐ 旅行業界用
    • .xxx ‐ ポルノサイト用
  • 米国連邦政府用
    • .edu ‐ 米国教育機関
    • .gov ‐ 米国政府機関
    • .mil ‐ 米国軍事機関
  • 国際機関用
    • .int ‐ 国際機関用
用語の所属
ドメイン名
TLD
gTLD

コメントなどを投稿するフォームは、日本語対応時のみ表示されます


KisoDic通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Version 7.03 (16-May-2019)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club