通信用語の基礎知識 IPv4
戻る
参加者募集中

く゚

辞書:文化用語の基礎知識 言語・日本語編 (LLNJA)
読み:く
品詞:慣用単漢字
2013/07/12 作成

く、クに半濁点を附した、特殊なかな文字。一般的な日本語表記には使われない。

字源

「く」や「ク」に半濁点を附し、鼻濁音の「ŋu」「ŋɯ」音を表現したもの。

表記

補足

日本語は語中のグ音が鼻濁音となっていることがあるが、日本語では軟口蓋音のガ行と区別されておらず、通常はガ行として表記される。

JIS X 0213から、か行の鼻濁音のひらがな/カタカナが単独の文字として追加された。Unicodeでは単独の符号位置を与えられず、Unicode 3.2.0からかなと連結用半濁点の組み合わせで表記されることが明記された。

電算処理では、次のような符号位置を使う。

く゚ (HIRAGANA LETTER KU WITH SEMI-VOICED SOUND MARK)
ク゚ (KATAKANA LETTER KU WITH SEMI-VOICED SOUND MARK)
ク゚ (HALFWIDTH KATAKANA LETTER KU WITH SEMI-VOICED SOUND MARK)
用語の所属
ひらがな
カタカナ

コメントなどを投稿するフォームは、日本語対応時のみ表示されます


KisoDic通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Version 7.03 (16-May-2019)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club