通信用語の基礎知識 IPv4
戻る
参加者募集中

位牌

辞書:文化用語の基礎知識 民俗学東洋・仏教編 (LFOLKEB)
読み:いはい
外語:mortuary tablet 英語
品詞:名詞
2005/07/26 更新

死者の依代として供養の対象となる、仏壇に安置される仏具のこと。位牌には戒名、俗名、死亡日などが記される。

主に葬式時には白木で作られた仮位牌を安置し、没後四十九日を過ぎると漆塗の本位牌と交換する。

使いはじめには "開眼" ないし "魂入れ" と呼ばれることをする。位牌が痛んで修理ないし新調する場合には一旦開眼を解かなければならず、これを古仏撥遣(はっけん)、または "開眼戻し" や "御霊抜き" という。

関連する仏具・用具
過去帳
総戒名

コメントなどを投稿するフォームは、日本語対応時のみ表示されます


KisoDic通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Version 7.03 (16-May-2019)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club