通信用語の基礎知識 IPv4
戻る
参加者募集中

黄泉醜女

辞書:文化用語の基礎知識 民俗学東洋・神道神様編 (LFOLKESK)
読み:ヨモツシコメ
品詞:名
2006/03/11 更新

日本神話に登場する貴女。これは古事記による書き方で、日本書紀では泉津日狭女(ヨモツヒサメ)豫母都志許賣(ヨモツシコメ)とも書かれる。

伊邪那岐命(イザナギノミコト)が、黄泉の国で変わり果てた姿となった妻の伊邪那美命(イザナミノミコト)を見て逃げ帰ってしまう。見られなくない姿を見られた伊邪那美命は怒り、逃亡した伊邪那岐命を追うよう、黄泉醜女に命じた。

黄泉醜女に追われた伊邪那岐命は、髪飾りを取って投げた。すると野葡萄となり、黄泉醜女がそれを食べている間に逃げ距離を広げた。しかしまだ追ってくるので、次は櫛の歯を折って投げると筍となり、黄泉醜女が抜いている間に逃げてしまった。

用語の所属
日本神話
黄泉の国の物語
関連する神
伊邪那岐命
伊邪那美命
関連する用語
黄泉の国

コメントなどを投稿するフォームは、日本語対応時のみ表示されます


KisoDic通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Version 7.03 (16-May-2019)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club