通信用語の基礎知識 IPv4
戻る
参加者募集中

MU1000

辞書:文化用語の基礎知識 音楽・技術編 (LMTECH)
読み:エムユーせん
外語:MU1000: TONE GENERATOR MUSIC 1000 英語
品詞:商品名

記事の有効期限について

この記事は更新履歴情報のない、旧形式項目です。久しく更新されておらず、古い記述を含む可能性があります。

更新すべき内容を見つけた場合は、ページ末の報告フォームよりお知らせください。また、現在当サイトは編集仲間を求めています

ヤマハのシンセ音源モジュール。XG/GM2規格対応製品。音色数1396種、58ドラムセット、64パート、128音ポリの超高機能DTM音源。音源はAWM2。筐体は2Uハーフラック。定価119,800円。

XG(GM level2含む)、TG300Bの2つの演奏モードが存在する。

8系統エフェクト(リバーブ・コーラス・バリエーション・インサーション1〜4・5BANDマルチEQ)やパートパラメーターで思いのままの音づくりが出来るという触れ込みである。また、任意の音色を組み合わせて演奏できるパフォーマンスモードなども搭載されている。

MU500の機能に加え、バックライト付きLEDの搭載、エフェクト機能、パフォーマンスモード機能などが違っている。また筐体のサイズが2Uとなっている。

USBやシリアル端子が付いており、ケーブル1本で64パート演奏が可能である(但しOS側にドライバー等が必要)。

S/PDIF出力を搭載し、MD等への録音も可能である。

関連するリンク
http://www.yamaha.co.jp/product/syndtm/p/dtm/mu20mu10/
用語の所属
ヤマハ
シンセサイザー
DTM音源
MU
関連する用語
MU500
MU2000

コメントなどを投稿するフォームは、日本語対応時のみ表示されます


KisoDic通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Version 7.03 (16-May-2019)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club