通信用語の基礎知識 IPv4
戻る
参加者募集中

PD音源

辞書:文化用語の基礎知識 音楽・技術編 (LMTECH)
読み:ピーディーおんげん
外語:PD: Phase Distortion 英語
品詞:名詞

記事の有効期限について

この記事は更新履歴情報のない、旧形式項目です。久しく更新されておらず、古い記述を含む可能性があります。

更新すべき内容を見つけた場合は、ページ末の報告フォームよりお知らせください。また、現在当サイトは編集仲間を求めています

CASIO(カシオ)の開発した音源

シンセメーカー各社がアナログシンセを模倣したディジタルシンセを開発する中、ディジタル独自の音源方式を目指してCASIOが開発した音源。PD音源搭載のCASIO CZシリーズは非アナログシミュレート音源としてよくヤマハDXシリーズと対比される事が多いシンセだったが、PDはCASIOのPCM音源ファミリーキーボード路線移行に伴い現行機種からは消えてしまった音源でもある。

原理的には、FM音源正弦波(サイン波)を使うのに対して、PD音源は余弦波(コサイン波)を使い、読みとり速度を変えることで音色を変化させている。よく正弦波を使っていると勘違いされるが、正解は余弦波。

後期には、PD音源のオシレーターを複数スタック出来るようにしたiPD(integrated Phase Distortion)音源を装備した VZシリーズやギターシンセPGシリーズも登場した。

ちなみにCASIOは平成になってSynclavierやFairlightのようなオーディオワークステーションの開発に移ったが、最終的に世の中に完成品が出る事もなく事実上シンセ市場から撤退してしまった。

用語の所属
音源
シンセサイザー
PD
関連する用語
FM音源
正弦波
発振器

コメントなどを投稿するフォームは、日本語対応時のみ表示されます


KisoDic通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Version 7.03 (16-May-2019)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club