通信用語の基礎知識 IPv4
戻る
全国のICカードこれひとつ

放射第34号線 支線1

辞書:国土用語の基礎知識 一般道路名・関東東京編 (EWLTM)
読み:ほうしゃ・だいさんじゅうよんごう・せん
品詞:固有名詞
2004/08/27 作成
2009/04/26 更新

東京都市計画道路放射第34号線 支線1。晴海から豊洲を通り有明に至る幹線街路。

2006(平成18)年11月に晴海通り延伸部として全線開通した。

延長約2.3km、幅員35.8m(橋梁部、4車線)〜50m(6車線)。

構造規格は第四種第一級、設計速度は60km/h(144km/hBeat)

起点・終点

規制等

  • 制限速度: 未調査
  • 最低速度: 設定なし
  • 標識規制: 未調査

法定路線名

沿革

  • 1999(平成11)年度: 事業着手
  • 2006(平成18)年3月25日16:00(@333): 晴海〜豊洲(晴海大橋)開通
  • 2006(平成18)年11月24日11:00(@124): 豊洲(晴海大橋)〜湾岸線開通 (全線開通)

途中、豊洲では豊洲・有明連絡道路(補助第315号)と交差する。

接続する主な道路

沿道施設、観光地等

  • 晴海大橋 (晴海運河) 仮称は晴豊(はるとよ)1号橋
  • 木遣り橋 (東雲運河) 仮称は東雲(しののめ)1号橋

晴海から豊洲を通り有明に至る道路である。晴海〜豊洲の晴海運河、豊洲〜有明の東雲運河には、それぞれ橋が掛けられた。

晴海で90°角度を変える晴海通りを直進して東京湾岸道路までを結ぶため、晴海通り延伸部と称されている。今後、幾らかマシな名前が付けられるのかは、現時点では定かではない。

建設中の風景

有明大橋

晴海大橋側から、起点・晴海三丁目交差点方向を望む。

晴海三丁目交差点(橋建設前) 2004(平成16)年9月19日撮影
晴海三丁目交差点(橋建設前) 2004(平成16)年9月19日撮影

晴海大橋建設中の状況。起点の晴海三丁目交差点から、橋の方向を望む。丘があり、工事中の現場は見えない。

有明方向(晴海大橋建設前) 2004(平成16)年9月19日撮影
有明方向(晴海大橋建設前) 2004(平成16)年9月19日撮影

上から一年半後。晴海大橋が掛かった状態。昔の風景は跡形も無い。

有明方向(晴海大橋完成後) 2006(平成18)年3月21日撮影
有明方向(晴海大橋完成後) 2006(平成18)年3月21日撮影

交差点と晴海大橋。

晴海三丁目交差点 2006(平成18)年4月30日撮影
晴海三丁目交差点 2006(平成18)年4月30日撮影

晴海大橋、晴海側 2006(平成18)年4月30日撮影
晴海大橋、晴海側 2006(平成18)年4月30日撮影

晴海大橋の途中、豊洲を望む 2006(平成18)年4月30日撮影
晴海大橋の途中、豊洲を望む 2006(平成18)年4月30日撮影

晴海大橋を渡った先、豊洲からの開通前の状態。奥が起点方向。

晴海大橋(豊洲側) 2006(平成18)年4月30日撮影
晴海大橋(豊洲側) 2006(平成18)年4月30日撮影

中央を開けるように建設されているのは、ここに首都高速の高速10号晴海線(10) が建設される予定だからである。

なお、完成後も開通日までは閉鎖されていた。

晴海大橋(豊洲側) 2006(平成18)年3月21日撮影
晴海大橋(豊洲側) 2006(平成18)年3月21日撮影

少し終点側から、この交差点を望む。

豊洲の交差点 2006(平成18)年12月29日撮影
豊洲の交差点 2006(平成18)年12月29日撮影

同じ場所から終点方向を望む。首都高速道路のランプが建設中である。

ランプ 2006(平成18)年12月29日撮影
ランプ 2006(平成18)年12月29日撮影

木遣り橋

豊洲と有明の間の東雲運河は、木遣り橋で渡る。

木遣り橋 2006(平成18)年12月29日撮影
木遣り橋 2006(平成18)年12月29日撮影

西を併走する環状第2号線の有明北橋から、建設中の橋を望む。

有明北橋から建設中の木遣り橋を望む 2006(平成18)年4月30日撮影
有明北橋から建設中の木遣り橋を望む 2006(平成18)年4月30日撮影

この当時の、木遣り橋方面の道路は、まだ封鎖されていた。

木遣り橋方向は鋭意建設中 2006(平成18)年3月21日撮影
木遣り橋方向は鋭意建設中 2006(平成18)年3月21日撮影

有明

台場有明北連絡道路との交差点から起点方向を望む。

左右が台場有明北連絡道路、奥が木遣り橋 2006(平成18)年12月29日撮影
左右が台場有明北連絡道路、奥が木遣り橋 2006(平成18)年12月29日撮影

コメントなどを投稿するフォームは、日本語対応時のみ表示されます


KisoDic通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Version 7.03 (16-May-2019)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club