通信用語の基礎知識 IPv4
戻る
全国のICカードこれひとつ

江東区

辞書:国土用語の基礎知識 日本地理・関東東京特別区編 (EGJPTM1)
読み:こうとうく
外語:Kōtō city 英語
品詞:区
2004/01/20 作成
2011/04/28 更新

東京都江東区。東京特別区のうち、南東部にある区。

基本情報

一般情報

項目の有効期限について

この項目は、2015/04/24に有効期限が切れています。

この項目は既に古い記述を含みますが、まだある程度の事実を含んでおり、参考として利用できます。

更新すべき内容を見つけた場合は、ページ末の報告フォームよりお知らせください。

  • 地域: 関東地方
  • 面積: 39.48km²(23区中 第6位)
  • 人口: 427,893人・209,165世帯(2007(平成19)年9月1日現在、住民基本台帳、外人除く)
  • 区役所所在地: 〒135-8383 東京都江東区東陽4-11-28、代表電話03-3647-9111
  • 地方公共団体コード(市区町村コード): 13108-3
  • 区長: 山崎孝明(2007(平成19)年4月就任、2期目)

通信

象徴

  • 区花: 山茶花(さざんか)
  • 区木: 黒松
  • 区鳥: 指定なし
  • 区魚: 指定なし
  • 区獣: 指定なし
  • 区歌: 不明

議会(江東区議会)

項目の有効期限について

この項目は、2015/04/24に有効期限が切れています。

上記期日以前は事実でしたが、現在では正しくない記述を含む可能性があります。

2011(平成23)年5月1日現在、区議会議員、定数44名、現役44名。

任期2011(平成23)年5月1日〜2015(平成27)年4月30日

  • 自由民主党: 12名
  • 公明党: 10名
  • 日本共産党: 7名
  • みんなの党: 5名
  • 民主党: 4名
  • 江東・生活者ネットワーク: 1名
  • 無所属: 5名

民度、民意

公明党や日本共産党が強い区である。

  • 2007(平成19)年4月22日: 江東区長選挙、投票率47.88%(男45.83%、女49.90%)
  • 2007(平成19)年4月22日: 江東区議会議員選挙、投票率47.90%(男45.85%、女49.91%)
  • 2007(平成19)年4月8日: 東京都知事選挙、投票率56.66%

運輸交通

主な道路

都道
その他

道の駅

区内に道の駅はない。

鉄道

飛行場

区内に飛行場は無い。

  • 東京ヘリポート(RJTI) (江東区新木場)

隣接する自治体

地勢

江東区の大半は東京湾に注ぐ河川のデルタ地帯の一部であり、江東デルタ地帯と呼ばれる。

デルタ地帯の地質は砂と粘土混じりの沖積層である。

島嶼、埋立地

湾岸の区であり、埋め立てにより年々面積を広げている。

などが埋め立てによる人工島のうち、江東区となる場所である。

将来的には更に面積が増える予定である。

1947(昭和22)年3月15日に東京都の区部が35区から22区(後に23区)に改編された際、旧深川区と旧城東区の二つが合併して誕生した。

区名は、隅田川の東に位置するところ(つまり、江の東)から選ばれた。

施設や観光名所

  • 東京ビッグサイト(有明新東京国際展示場)
  • 大江戸温泉物語 (江東区青海2丁目)
  • 江東区芭蕉記念館 (江東区常盤1-6-3)
  • 芭蕉稲荷神社 (江東区常盤1-3-12) 芭蕉が住んだ庵の跡地
  • 東京都現代美術館 (江東区三好4-1-1)

芭蕉ゆかりの地

松尾芭蕉は1680(延宝8)年、37歳の冬に、宗匠としての生活を捨て江戸日本橋より深川の庵へと移り住んだ。

繁栄する江戸を敢えて離れ、日本の美意識の一つ「侘び寂び」の極致に至らんと努力を始めたのである。そして、この庵を拠点とし、新たな俳諧活動を始めたのである。

そしてこの地より、東海道〜甲州路を巡る「野ざらし紀行」(甲子吟行)、鹿島詣、笈の小文、信濃を訪ねる「更科紀行」、そして東北・北陸方面を訪れる「奥の細道」などへと旅立つのである。

この庵の跡地とされる場所は現在、芭蕉稲荷神社が建立されており、またその近くには江東区芭蕉記念館が建てられている。

雰囲気

埋立地は主に工場などが並ぶ殺風景な場所となっているが、有明、辰巳、夢の島、若洲に緑豊かな広い公園が作られている。

萌え方面では、おたくの聖地、コミックマーケット用の大型展示場である東京ビッグサイトが存在する。

道路方面

陸地の道路はかなり整備されているが、埋立地の道路は現在鋭意建設中である。

島と島の間には運河があるが、この間には橋が掛けられている。

南部には首都高速が走り、その左右に一般道が併走する。便利ではあるが、この道路で南北が分断されているとも言えるため、現在はこの道路を渡るための高架橋が各所で鋭意建設中である。

関連するリンク
江東区役所
所属する自治体等
東京都
特別区
施設や観光名所
東京ビッグサイト

コメントなどを投稿するフォームは、日本語対応時のみ表示されます


KisoDic通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Version 7.03 (16-May-2019)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club