通信用語の基礎知識 IPv4
戻る
全国のICカードこれひとつ

6号埋め立て地

辞書:国土用語の基礎知識 日本地理・関東東京編 (EGJPTM)
読み:ろくごう・うめたてち
品詞:その他地名

記事の有効期限について

この記事は更新履歴情報のない、旧形式項目です。久しく更新されておらず、古い記述を含む可能性があります。

更新すべき内容を見つけた場合は、ページ末の報告フォームよりお知らせください。また、現在当サイトは編集仲間を求めています

東京湾の埋立地の一つで、略称 "6号地"。現在の東雲(しののめ)エリアをいう。東京都江東区

北側は東雲橋経由で豊洲(5号地)と接続され、ここを晴海通りが通る。南部を東西に国道357号東京湾岸道路高速湾岸線(B) が走り、並行して東京臨海高速鉄道(TWR)が走る。

湾岸線沿いに南西が有明(10号地)、東が辰巳(7号地)である。東雲と辰巳の間は辰巳運河と呼ばれる。

辰巳運河に掛かる橋は現在3本ある。東雲北から東の辰巳に渡る辰巳橋は1936(昭和11)年12月1日に完成し、これにより辰巳地区と東雲・豊洲地区が繋がった。その南、現在では国道357号東京湾岸道路、高速湾岸線(B) 、臨海高速鉄道(TWR)が渡る橋は新辰巳橋と呼ばれ、これが最初に完成したのは1968(昭和43)年3月31日だった。いずれも大幅な改良の末、現在の姿がある。更にその南には臨海道路が渡る新末広橋がある。

コメントなどを投稿するフォームは、日本語対応時のみ表示されます


KisoDic通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Version 7.03 (16-May-2019)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club