通信用語の基礎知識 IPv4
戻る
全国のICカードこれひとつ

箱根ターンパイク大観山線

辞書:国土用語の基礎知識 高速道路名・関東編 (EWHT)
読み:はこねターンパイク・だいかんざんせん
外語:HAKONE TURN-PIKE Daikanzan Line 英語
品詞:固有名詞
2004/03/29 作成
2012/03/04 更新
2017/02/28 迄有効

記事の有効期限について

この記事は、2017/02/28に有効期限が切れています。

この記事は既に古い記述を含みますが、まだある程度の事実を含んでおり、参考として利用できます。

更新すべき内容を見つけた場合は、ページ末の報告フォームよりお知らせください。

箱根ターンパイク(TOYO TIRESターンパイク)のうち、神奈川県小田原市早川から聖岳、白根山を経由し、大観山で椿ラインに接続するまでの路線。一般に箱根ターンパイクといえば、この路線を指す。

完全舗装の往復2車線道路で、登坂車線も用意されている。

起点・終点

設計諸元

  • 構造規格: (未確認)
  • 設計速度: (未確認)
  • 道路幅員: 9m
  • 車線数: 2車線

規制等

  • 制限速度: (未確認)
  • 最低速度: 設定なし
  • 標識規制: (未確認)

法定路線名

通行料金

  • 普通車・軽自動車: 700円

西湘バイパスの早川ICを起点に、街路への出入口を経て料金所があり、石垣山、聖岳、白根山を経由し、大観山で椿ラインに接続する。

終点大観山から更に数km椿ラインを走ると、箱根ターンパイク十国線がある。

終点の湯河原町鍛冶屋には「ドライブイン大観山」があったが、箱根ターンパイクが東京急行電鉄から外資系投資会社マッコーリージャパンに営業譲渡されたのをうけ、2004(平成16)年2月15日に閉店、惜しまれつつ40年の歴史に幕を降ろすこととなった。

2005(平成17)年7月には「ターンパイク・ビューラウンジ」としてグランドオープン。更にネーミングライツ(命名権)の契約関係で現在は「TOYO TIRES ビューラウンジ」となっている。

接続する主な道路

沿道施設、観光地等

  • 石垣山城 (石垣山)
  • ビューラウンジ

道の駅

道の駅はない。

主な橋

  • 御所の入橋 (ホオヅキ沢)
  • ほおづき橋 (ホオヅキ沢)

主なトンネル

トンネルはない。

主な峠

はない。

並行する鉄道

特になし。

経由する自治体

神奈川県
小田原市 ‐ 足柄下郡湯河原町

コメントなどを投稿するフォームは、日本語対応時のみ表示されます


KisoDic通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Version 7.03 (16-May-2019)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club