通信用語の基礎知識 IPv4
戻る
参加者募集中

長後街道

辞書:国土用語の基礎知識 一般道路名・関東神奈川編 (EWLTK)
読み:ちょうご・かいどう
品詞:固有名詞
2002/08/27 作成
2012/07/08 更新

横浜市の南西部を東西に結ぶ幹線街路の一つ。戸塚と長後を結ぶ。

起点・終点

  • 起点: 神奈川県横浜市戸塚区戸塚町(バスセンター入口交差点) (※位置は推定)
  • 終点: 神奈川県横浜市泉区上飯田町 (市境、境川 高鎌橋)
  • 延長: 約5.7km

設計諸元

  • 構造規格: (未確認)
  • 設計速度: (未確認)
  • 道路幅員: 25m
  • 車線数: 4車線

規制等

  • 制限速度: (未確認)
  • 最低速度: 設定なし
  • 標識規制: (未確認)

法定路線名

  • ※横浜市道戸塚第519号線の一部 (バスセンター入口交差点〜バスセンター前交差点)
  • 神奈川県道22号横浜伊勢原線の一部 (バスセンター前交差点〜市境)
    • 県道横浜伊勢原線1235
    • 横浜 都市計画道路3・3・19号横浜伊勢原線の一部

※の区間は不明。

拡幅工事

元々は往復2車線の狭い道路で渋滞が絶えなかったが、地下鉄工事と並行して道路拡幅工事も行なわれ、遂に長後街道は全区間が往復4車線となった。

拡幅整備に合わせて地下鉄も建設され、戸塚から立場まで、この道の下をくねるように横浜市営地下鉄ブルーラインが走っている。

同じく拡幅整備に合わせて電線類地中化も進行した。

起点周辺

現在の起点は、国道1号現道と接続する「バスセンター前交差点」である。

しかし戸塚駅西口再開発事業に伴い延伸工事が進められ、この交差点を更に進み、戸塚駅前へと至る道路が新たに建設された。この新道部分は横浜市道戸塚第519号線であるが、このうち戸塚バスセンター南西側に設置された出入口(バスセンター入口交差点)から戸塚駅方面が戸塚駅前線と呼ばれるらしく、ここからバスセンター前交差点までの長後街道に直結する区間の名称が定かでない。

接続する主な道路

  • 戸塚駅前線 (バスセンター入口交差点)
    • 横浜市道戸塚第519号線
  • 国道1号 (バスセンター前交差点)
  • 国道1号横浜新道戸塚支線 (矢沢)
  • 中田さちが丘線7171 (中田町東原交差点)
    • 横浜市道中田第597号線
  • 神奈川県道402号阿久和鎌倉線(かまくらみち) (立場交差点)
    • 県道阿久和鎌倉3024
  • 横浜市道和泉町第102号線 (和泉団地入口交差点、南方向)
  • 横浜市道上飯田第315号線 (泉区総合庁舎前交差点、北方向)
  • 横浜市道和泉町第21号線 (いずみ中央駅入口交差点)
  • 横浜市道18号環状四号線(環状4号線) (和泉坂上交差点)
    • 横浜市道和泉町第11号線 (和泉坂上交差点、南方向)
    • 横浜市道宮沢第129号線 (和泉坂上交差点、北方向)

沿道施設、観光地等

  • 戸塚バスセンター (戸塚区戸塚町)
  • サクラス戸塚 (戸塚区戸塚町)
  • 踊場駅 (泉区中田南1丁目)
  • ルームズ大正堂 戸塚店 (泉区中田東1丁目)
  • 中田駅 (泉区中田南3丁目)
  • 立場駅 (泉区中田西1丁目)
  • ヨークマート立葉店 (泉区和泉町4042-2)
  • 横浜市立中和田中学校 (泉区和泉町4062)
  • イトーヨーカドー立場店 (泉区中田西1丁目)
  • いずみ中央駅 (泉区和泉町)
  • そうてつローゼン (泉区和泉町)

かつて、戸塚バスセンターの最寄りには西友戸塚店があったが、現在はショッピングセンターのサクラス戸塚になった。

道の駅

道の駅はない。

主な橋

はない。

主なトンネル

トンネルはない。

主な峠

はない。

経由する自治体

コメントなどを投稿するフォームは、日本語対応時のみ表示されます


KisoDic通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Version 7.03 (16-May-2019)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club