通信用語の基礎知識 IPv4
戻る
全国のICカードこれひとつ

クソゲー

辞書:萌色用語の基礎知識 ゲーム・用語編 (GYOGO)
読み:クソゲー
品詞:名詞
1999/12/04 作成
2009/05/26 更新

面白くないゲーム、買う価値のないゲーム、遊ぶ価値のない駄作ゲームのこと。

目次

一般に蔑称である。

面白くはないが特異な味を持っていることから、その特異性に惹かれて熱狂的ファンが現われることもある(例: デスクリムゾン)。

キャラを重視してゲーム性を最初から無視したゲームはクソゲーになりやすい。

真面目に作っていても、バグだらけでとても遊べないような代物(バグゲー)は概ねクソゲーである(例: メジャーWiiパーフェクトクローザー)。

また、難易度設定が無謀であったりしても、クソゲーと呼ばれやすい(例: スペランカー)。

用語の所属
ゲーム
関連する用語
デスクリムゾン
スペランカー

コメントなどを投稿するフォームは、日本語対応時のみ表示されます


KisoDic通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Version 7.03 (16-May-2019)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club