通信用語の基礎知識 IPv4
戻る
参加者募集中

Ultima Ⅸ

辞書:萌色用語の基礎知識 ゲーム・ソフト編 (GSOFT)
読み:ウルティマ・ナイン
外語:Ultima IX 英語
品詞:商品名
2010/01/13 作成

1999(平成11)年にWindows 95用として発売されたコンピューターロールプレイングゲームUltimaシリーズの第9作目にして最終作。副題はAscension(アセンション)。

ペイガンの地から無事に地球に帰還することが出来たアバタールであったが、ガーディアンの脅威がブリタニアから去ったわけではなかった。

アバタールがペイガンの地にいた間、ブリタニアはついにガーディアンの手に落ちた。これまでアバタールの冒険を陰ながらサポートし続けたタイム・ロードですらガーディアンの脅威に晒されていたのである。徳の神殿は破壊されて徳の精神は失われ、人々の心は荒んでしまった。

アバタールは再びブリタニアの世界を旅し、ガーディアンとの最後の決着を付ける。

5年もの歳月が流れる間にIBM-PCという枠組みから一挙にWindowsで動くゲームに進化していた。Direct3Dが一般的になったからというわけでもないが、ゲームが3D視点になるなどグラフィックやビジュアルはまたしても大幅な進化を遂げた。しかし、やはりグラフィックボード戦国時代に相当な処理能力を必要としたため、Ultima Ⅸが動かせないグラフィックボードが多数出現する結果ともなった。PC自体もPentium Ⅱ 266MHz以上と64MiBのメモリーを必要とし、メモリーリークがあるのか長時間ゲームをしているとそれでもスラッシングでゲームが止まってしまうというものになってしまった。

基本的にすべての登場人物の会話に俳優による音声がついているのも特徴である。

シナリオ的にはもっと良く練りこむはずであったのだが、Ultima Onlineのメンテナンスに労力が割かれてしまったこと、エレクトロニック・アーツから早く発売しろとせっつかれたことなどから事実上の一本道のゲームになってしまっている。シナリオ的にはUltima Ⅶからの大幅な低下という結果となった。また、ゲームバランスやバグなども多く残ってしまった。

壮大なガーディアン・サーガの最後を飾る内容であり、これにより20年近く続いていたUltimaシリーズは一応の決着を見ることになったのである。

エレクトロニック・アーツが日本語版を発売している。Ultima Onlineが日本で多くプレイされていることに対する御礼なのか、吹き替え版の声優がやたらと豪華なことになっている。

用語の所属
Ultima (シリーズ)

コメントなどを投稿するフォームは、日本語対応時のみ表示されます


KisoDic通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Version 7.03 (16-May-2019)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club