通信用語の基礎知識 IPv4
戻る
参加者募集中

三六軌間

辞書:鉄道用語の基礎知識 鉄道信号・保守編 (RSGMN)
読み:さんろくきかん
品詞:名詞
2009/05/24 作成

軌間の一つで、日本の標準。線路の幅が1067mm(3フィート6インチ)のもの。

目次

狭軌の一種であり、日本で最も普及している狭軌であり、かつ軌間である。

旧国鉄・JR在来線の他に、殆どの私鉄で使われている。

軌間は1067mmであり「3フィート6インチ」が由来で、ここから三六軌間と呼ばれている。

日本で営業用として現在使われている軌間は他に標準軌偏軌ナローゲージがあるが、それらは数えるほどしかなく、他の全てはこの三六軌間である。

その昔日本に鉄道が建設されるにあたり、山や谷の多い国内事情において建設費削減のため、標準軌よりも土地や橋幅などが少なく済む狭軌、そのうち三六軌間が選択されたとされている。

用語の所属
軌間
狭軌
関連する用語
レール
広軌
ナローゲージ
標準軌

コメントなどを投稿するフォームは、日本語対応時のみ表示されます


KisoDic通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Version 7.03 (16-May-2019)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club