通信用語の基礎知識 IPv4
戻る
全国のICカードこれひとつ

勤労青少年旅客運賃割引

辞書:鉄道用語の基礎知識 鉄道法規編 (RLAW)
読み:きんろうせいしょうねんりょかくうんちんわりびき
品詞:名詞

記事の有効期限について

この記事は更新履歴情報のない、旧形式項目です。久しく更新されておらず、古い記述を含む可能性があります。

更新すべき内容を見つけた場合は、ページ末の報告フォームよりお知らせください。また、現在当サイトは編集仲間を求めています

勤労青少年を対象に、特に期間を定めて運賃を割り引く制度のこと。

勤労青少年とは、親元を離れて就職している20歳未満の人のことであり、勤労青少年が盆と正月の期間中に鉄道などを使って帰省する際、その運賃を割り引く制度である。

JR各鉄道線のほか、東武、名鉄、近鉄も割引の対象となっており、一部のバス会社や船舶会社も割引の対象となる。

鉄道の場合は、対象の鉄道会社を合計で101km以上利用する場合に、運賃が2割引となり、有効期間も14日(通常の制度で有効期間が14日以上となる場合は、その有効期間)となるが、往復乗車券連続乗車券でないと割引の対象にならない。そのほか、学割の条件よりも厳しい様々な厳しい条件がある。また割引の証明書は、所轄労働基準監督署長が交付する。

コメントなどを投稿するフォームは、日本語対応時のみ表示されます


KisoDic通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Version 7.03 (16-May-2019)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club