通信用語の基礎知識 IPv4
戻る
参加者募集中

架空単線式

辞書:鉄道用語の基礎知識 鉄道信号・保守編 (RSGMN)
読み:かくうたんせんしき
外語:overhead single line system 英語
品詞:名詞
2000/07/01 作成
2008/08/26 更新

電車線の敷設方法である架空電車線方式の一つ。

パンタグラフと接触するトロリー線を、上から吊り下げる方式。

吊り下げるトロリー線は基本的には一本だけで、トロリー線に電圧がかかっておりレールがもう一本の電線の役割を果たしている。

普通鉄道構造規則では、電車線を架設する場合、原則としてこの方式にすることが定められているため、日本の鉄道の殆どがこの方式で電化されている。

強度増強

運転頻度が極端に高い路線では、トロリー線が二本の束になっている区間もある。

この二本のトロリー線は全く同じ機能を果たしている。

対磨耗

パンタグラフの一点だけが摩耗するのを防ぐため、トロリー線はジグザグに張られている。

このジグザグの幅は通常20mm程度だが、振り子電車が走る線区では15mmになっているところもある。

コメントなどを投稿するフォームは、日本語対応時のみ表示されます


KisoDic通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Version 7.03 (16-May-2019)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club