通信用語の基礎知識 IPv4
戻る
参加者募集中

α粒子

辞書:科学用語の基礎知識 素粒子・用語編 (NPARTY)
読み:アルファりゅうし
外語:alpha particle 英語 , α粒子 支那語(大陸・台湾)
品詞:名詞
2006/07/02 作成
2008/03/02 更新

多くの原子核を構成する単位となるもので、陽子2個と中性子2個からなるまとまりのこと。

α粒子は、理論上はヘリウムの原子核と同等である。

原子核を構成する際、陽子2個と中性子2個の状態が最も安定であるため、原子核はこのまとまりで存在する。

そして、原子核の陽子や中性子は強い相互作用(核力)によって強く結び付き、一つの塊を保って存在している。

通常は強い相互作用により互いに結びついているため、原子核は安定して一つの塊を保つ。

しかし場合により、トンネル効果を起こしてα粒子は原子核より飛び出すことがある。

この現象をα崩壊といい、飛び出したα粒子の流れをα線という。α線は、放射線の一種である。

関連する用語
α崩壊
α線

コメントなどを投稿するフォームは、日本語対応時のみ表示されます


KisoDic通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Version 7.02 (21-Aug-2018)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club