通信用語の基礎知識 IPv4
戻る
参加者募集中

エルグ

辞書:科学用語の基礎知識 科学編 (NSCI)
読み:エルグ
外語:erg 英語
品詞:名詞,単位接頭語
2002/11/01 作成
2013/08/04 更新

cgs単位系における、エネルギー、仕事量、熱量の単位

  • 記号: erg
  • 度量衡: cgs単位系
  • 量: エネルギー、仕事量、熱量
  • 定義: 1dynの力が作用して力の方向に1cm動いたときにする仕事
  • 組み立て: dyn⋅cm
  • SI換算: 10−7J
  • 語源: ギリシャ語 ἔργον/érgon(仕事)

1ダイン(dyn)の力が作用して力の方向に1cm動いたときにする仕事(1dyn⋅cm)を1エルグ(erg)と定義する。

現在では、国際単位系に移行しており、エルグは使われていない。

由来

単位名は、ギリシャ語で「仕事」を意味する単語ἔργον(érgon)から付けられた。

つまり人名ではない。なお、現在使われているジュールは人名からである。

換算

他の単位との換算は、次の通り。

関連する用語
cgs単位系
ジュール

コメントなどを投稿するフォームは、日本語対応時のみ表示されます


KisoDic通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Version 7.03 (16-May-2019)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club