通信用語の基礎知識 IPv4
戻る
参加者募集中

カカオ

辞書:科学用語の基礎知識 生物名編 (BBN)
読み:カカオ
外語:cacao 英語 , kaka/o/arb/o エスペラント
品詞:名詞
2012/10/07 作成

アオイ科の常緑樹。その実に含まれる種子を食用とする。実と木を区別するため、木はカカオノキ、種子はカカオ豆ともいう。

分類

▼はAPG分類法における階層で、従来の階級にないもの。

  • ドメイン: 真核生物 Eukaryota
  • 界: 植物界 Plantae
  • 門: 被子植物門 Angiosperm
  • ▼: 真正双子葉類 eudicots
  • ▼: 基幹真正双子葉類 core eudicots
  • ▼: バラ群 rosids
  • ▼: 第2真正バラ群 eurosids Ⅱ
  • 目: アオイ目 Malvales
  • 科: アオイ科 Malvaceae
  • 属: カカオ属 Theobroma
  • 種: カカオ cacao

科の下に亜科を置くこともある。

旧階層

古い分類法での階層構造は次の通り。

新エングラー/クロンキスト共にアオギリ科だったが、APG分類法で整理され、APG分類法ではアオイ科となっている。

新エングラー分類法

クロンキスト分類法

  • 門: モクレン門 Magnoliophyta
  • 綱: モクレン綱 Magnoliopsida
  • 亜綱: ビワモドキ亜綱 Dilleniidae
  • 目: アオイ目 Malvales
  • 科: アオギリ科 Sterculiaceae

生態

原産地は中南米の熱帯地域で、一説では南米のアマゾン河流域、ベネズエラ・オリノコ河流域とされる。

栽培適地は赤道直下で、赤道南北緯20度以内とされる。但し、全体生産量の75%は南北緯8度以内で栽培されている。

カカオは、気温の他に、豊富な水と水はけのよい土壌、湿潤な気候が必要となる。つまり充分な水分がなければ生育できず、幾ら暑くても砂漠のような所では生育できない。

熱帯の植物なので暑い気候を好むが、日本のような寒冷な気候でもかろうじて越冬はできるらしい。

学名

カカオの学名はTheobroma cacaoである。

うち属名Theobromaはギリシャ語起源の語で、θεος(theos)は「神」(god)、βρῶμα (brõma)は「食べ物」(food)を意味し、英語で「food of the gods」、つまり「神の食べ物」を意味する。

歴史

古代から、アステカ族やマヤ族がこの実を飲料として用いていた。

この実は時に、貨幣価値を持つほどに貴重なものとして扱われており、それがTheobroma「神の食べ物」の由来になった。

カカオの果実は、木にぶら下がるように実る。

果実の中には大きな種が大量にあり、この種子がチョコレートになる。

果実には果肉もあるが、カカオの実自体(実の果肉)は苦くて不味いため、食べられることはない。

関連する用語
カカオノキ
カカオ豆

コメントなどを投稿するフォームは、日本語対応時のみ表示されます


KisoDic通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Version 7.03 (16-May-2019)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club