通信用語の基礎知識 IPv4
戻る
参加者募集中

カストル

辞書:科学用語の基礎知識 天文学天体名編 (USTLN)
読み:カストル
外語:Castor 英語
品詞:固有名詞
2004/09/26 更新

ふたご座α星(αGem)。ふたご座の右の星で、兄。この星は占めて6星からなる多重連星系を形成している連星である。

位置は2000年分点で赤経07h 34m 48s、赤緯+31°53′。距離は52光年。実視等級1.58d等。

主星のカストルAは実視等級1.9等、スペクトルA1Ⅴ型の青白い星、伴星のカストルBは実視等級2.9等、スペクトルA5Ⅴm型の青白い星で、90[au]程度の距離を511年周期で公転している。この主星A・伴星Bはともに不可視伴星を伴う分光連星であり、主星Aは9.213日周期、伴星Bは2.928日周期でそれぞれの伴星と公転をしている。主星Aの主星と伴星の距離は600万[km]と見積もられている。

そしてさらに、この4星からなる多重連星系から1000[au]程離れたところに9等星の赤色矮星カストルCがおよそ15000年周期で公転しているが、このカストルCは19.5時間周期で公転する連星であることが知られる。

カストル
カストル

天体の所属
ふたご座
シリウス大円弧
天体の特徴
主系列星
関連する天体
ポルックス

コメントなどを投稿するフォームは、日本語対応時のみ表示されます


KisoDic通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Version 7.03 (16-May-2019)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club