通信用語の基礎知識 IPv4
戻る
全国のICカードこれひとつ

クチナシ色素

辞書:科学用語の基礎知識 化学物質名・食品添加物編 (NSUBNFA)
読み:クチナシしきそ
品詞:名詞
2002/10/09 作成
2011/11/29 更新

アカネ科の植物である梔子(クチナシ)の果実から得られる色素、着色料

目次

カロテノイド色素で、主成分はクロシンやクロセチン。

黄色などが作られる。

通常は黄色の着色料となり、例えばお正月料理には欠かせない「栗きんとん」の黄色を演出するのに古くから使われている。

ラーメンののほんのりとした黄色なども、クチナシ色素が使われている。

このクチナシは歴史の長い食材であり、安全である。

関連するリンク
クチナシ 黄
用語の所属
天然着色料
着色料
関連する用語
カロテノイド

コメントなどを投稿するフォームは、日本語対応時のみ表示されます


KisoDic通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Version 7.03 (16-May-2019)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club