通信用語の基礎知識 IPv4
戻る
参加者募集中

クロルテトラサイクリン

辞書:科学用語の基礎知識 薬学・一般薬編 (BPHARI)
読み:クロルテトラサイクリン
外語:CTC: chlortetracycline 英語
品詞:名詞
2005/04/15 作成

科学用語の基礎知識・医薬品情報

自身の健康問題や、副作用への対応方法等に関しては、専門の医療機関にご相談下さい。

本項目は、情報の提供のみを目的としています。免責事項もご覧ください。

テトラサイクリン抗生物質

分子式C22H23ClN2O8分子量478.88。融点168℃〜169℃。CAS番号57-62-5。常温では黄金色の結晶性粉末。

クロルテトラサイクリン
クロルテトラサイクリン

一日摂取許容量(ADI)は0.003mg/kg体重/日とされる。

乳、畜肉の一部、鶏卵に0.1ppm〜1.2ppmまで残留が許可されているが、それ以外の食品は「残留してはならない」とされている。

用語の所属
抗生物質
CTC
関連する用語
テトラサイクリン

コメントなどを投稿するフォームは、日本語対応時のみ表示されます


KisoDic通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Version 7.03 (16-May-2019)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club