通信用語の基礎知識 IPv4
戻る
参加者募集中

テトラサイクリン

辞書:科学用語の基礎知識 薬学・一般薬編 (BPHARI)
読み:テトラサイクリン
外語:TC: tetracycline 英語
品詞:名詞
2003/02/22 作成
2011/11/14 更新

科学用語の基礎知識・医薬品情報

自身の健康問題や、副作用への対応方法等に関しては、専門の医療機関にご相談下さい。

本項目は、情報の提供のみを目的としています。免責事項もご覧ください。

テトラサイクリン系抗生物質抗菌剤の一つ。

基本情報

テトラサイクリン
テトラサイクリン

  • 外観: 淡黄色の結晶性粉末
  • 溶解性: (該当資料なし)

誘導体、関連物質の例

放線菌の培養液から得られた抗生物質である。

オーレオマイシンとテラマイシンが環状構造を持ち、そして双方共に環が4つ並んだ共通の構造を持つことから、共通母核がテトラサイクリンと命名された。

現在では幾種類かのテトラサイクリン類が開発されている。

薬効

細菌の蛋白質合成を阻害することで静菌作用を示す。

この抗生物質は抗菌スペクトルが広く、グラム陽性菌グラム陰性菌、リケッチア、クラミジア、マイコプラズマ、放線菌、アクチノミセスなどに有効である。

用法、用量

一日摂取許容量(ADI)は0.003mg/kg体重/日とされる。

副作用など

副作用として、乳幼児や小児に使用すると歯牙の黄染着色や一過性の骨発育不全が生じる。

規制区分

乳、畜肉の一部、鶏卵に0.1ppm〜1.2ppmまで残留が許可されているが、それ以外の食品は「残留してはならない」とされている。

現在ではゾロが多数存在する。

今では、テトラサイクリン系として、テトラサイクリンの誘導物質などを使うものが多い。

コメントなどを投稿するフォームは、日本語対応時のみ表示されます


KisoDic通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Version 7.03 (16-May-2019)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club