通信用語の基礎知識 IPv4
戻る
参加者募集中

テトラサイクリン系抗生物質

辞書:科学用語の基礎知識 薬学・一般薬編 (BPHARI)
読み:テトラサイクリンけい・こうせいぶっしつ
品詞:名詞
2011/11/14 作成

科学用語の基礎知識・医薬品情報

自身の健康問題や、副作用への対応方法等に関しては、専門の医療機関にご相談下さい。

本項目は、情報の提供のみを目的としています。免責事項もご覧ください。

抗生物質の一系統で、四つ(テトラ)の環構造(サイクリン)を持つことを特徴とする。

目次

この系統の代表、テトラサイクリンは、放線菌の培養液から得られた抗生物質であった。

細菌の蛋白質合成を阻害することで静菌作用を示す。

この抗生物質は抗菌スペクトルが広く、グラム陽性菌グラム陰性菌、リケッチア、クラミジア、マイコプラズマ、放線菌、アクチノミセスなどに有効である。

現在では幾種類かのテトラサイクリン類が開発されている。

主な系統は次の通り。

  • テトラサイクリン(TC) (アクロマイシン)
  • オキシテトラサイクリン(OTC) (テラマイシン)
  • クロルテトラサイクリン(CTC) (オーレオマイシン)
  • デメクロサイクリン(DMC) (レダマイシン)
  • ドキシサイクリン(DOXY) (ビブラマイシン)
  • ミノサイクリン(MINO) (ミノマイシン)
用語の所属
抗生物質
抗菌剤

コメントなどを投稿するフォームは、日本語対応時のみ表示されます


KisoDic通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Version 7.03 (16-May-2019)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club