通信用語の基礎知識 IPv4
戻る
参加者募集中

グリココール酸

辞書:科学用語の基礎知識 化学物質編 (NSUB)
読み:グリココールさん
外語:Glycocholic acid 英語
品詞:名詞
2005/04/21 作成
2005/09/28 更新

胆汁酸の一つで、抱合胆汁酸。一次胆汁酸コール酸アミノ酸グリシンが抱合され生成される。

分子式C26H43NO6分子量465.63。CAS番号475-31-0。

グリココール酸
グリココール酸

肝炎肝硬変、肝臓がん等で血清中の濃度が上がるため、肝障害マーカーとしてよく用いられる。

物質の所属
胆汁
胆汁酸
二次胆汁酸
関連する物質
コール酸
グリシン
関連する用語
肝硬変

コメントなどを投稿するフォームは、日本語対応時のみ表示されます


KisoDic通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Version 7.03 (16-May-2019)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club