通信用語の基礎知識 IPv4
戻る
全国のICカードこれひとつ

スプートニク

辞書:科学用語の基礎知識 天文学人工衛星編 (USATE)
読み:スプートニク
外語:Срутник ロシア語 , Sputnik 英語 , sputnik/o エスペラント
品詞:固有名詞

記事の有効期限について

この記事は更新履歴情報のない、旧形式項目です。久しく更新されておらず、古い記述を含む可能性があります。

更新すべき内容を見つけた場合は、ページ末の報告フォームよりお知らせください。また、現在当サイトは編集仲間を求めています

1957(昭和32)年10月4日に旧ソビエト連邦が打ち上げた世界初の人工衛星と、そのシリーズ。1号〜10号までがある。スプートニクとは、ロシア語で "衛星" を意味する。

1号はバイコヌール宇宙基地のチュラタム射場より、旧ソビエト連邦が開発した最初のロケットであるA(SL-1)ロケットにより打ち上げられた。ちなみにこのロケットは、R-7大陸間弾道ミサイルSS-6サップウッドを原型にして作られたものである。この成功により米ソの宇宙開発競争が本格化した。

2号は11月3日に同様に打ち上げられた。2号には気密室が備わっていて、また食事や排泄ができる装置が備えられ、ここにライカ(吠える者という意味)と名付けられた雌の雑種犬が載せられた。食事や酸素は10日分搭載されていて、犬は一週間程度生きたと発表された。しかし2号には温度上昇を抑えるための機構に問題があって、犬が生存できないほどに温度が上昇してしまい、5〜7時間程度で死んでしまった、という趣旨の論文が2002(平成14)年に発表されている。

3号は1958(昭和33)年5月15日に同様に打ち上げられた。これは世界初の計器搭載多目的宇宙研究衛星であり、搭載された科学器材により科学観測が行なわれた。

関連する用語
人工衛星

コメントなどを投稿するフォームは、日本語対応時のみ表示されます


KisoDic通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Version 7.03 (16-May-2019)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club