通信用語の基礎知識 IPv4
戻る
全国のICカードこれひとつ

ナノマシン

辞書:科学用語の基礎知識 工学系技術編 (NENGI)
読み:ナノマシン
品詞:名詞

記事の有効期限について

この記事は更新履歴情報のない、旧形式項目です。久しく更新されておらず、古い記述を含む可能性があります。

更新すべき内容を見つけた場合は、ページ末の報告フォームよりお知らせください。また、現在当サイトは編集仲間を求めています

極微機械、分子機械。nm(0.000000001m)単位の大きさの機械のこと。

細菌サイズの機械であり、血管などに侵入させて人体内部から医学療法を行なえるようになる他、細胞構造の置き換えや、分子原子に対しての人為操作が可能(土壌改良など)となるなどの効果が考えられている。

実際の実現には蛋白質によるナノマシンなどがある。構造的にも生体組織を模倣したものが多く考えられており、実現のための研究も多くは生体組織の機械的動作の調査研究によって行なわれている。

一般にナノマシンは単体ではその機能が非常に弱く、細菌と同様に多数のナノマシンの集合で処理を行なう場合が多い。この場合に全ナノマシンをあらかじめ生産しておくことは難しいため、自己増殖機能の搭載などが考えられている。

1990年代半ば頃から、応用範囲に夢があり、かつ未だ現実化していない技術ということで、多数のSF作品でアイデアが引用された。これによる不死の肉体や肉体の変形(変身)などは使い古された感があるほど多数の作品で使われたネタとなっている。

コメントなどを投稿するフォームは、日本語対応時のみ表示されます


KisoDic通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Version 7.03 (16-May-2019)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club