通信用語の基礎知識 IPv4
戻る
全国のICカードこれひとつ

ニューキノロン系抗菌剤

辞書:科学用語の基礎知識 薬学・一般薬編 (BPHARI)
読み:ニューキノロンけいこうきんざい
外語:new quinolones 英語
品詞:名詞
2008/02/24 作成
2014/07/27 更新

科学用語の基礎知識・医薬品情報

自身の健康問題や、副作用への対応方法等に関しては、専門の医療機関にご相談下さい。

本項目は、情報の提供のみを目的としています。免責事項もご覧ください。

合成抗菌剤(人為的に作られた抗生物質の同等の機能を持つもの)の一種。新しいキノロン系抗菌剤。

目次

合成抗菌剤のうち、核酸の合成を阻害することで殺菌作用を示すものの代表的な系統。

キノロン系抗菌剤と呼ばれる分野のうち、第二世代以降について、「ニュー」キノロン系抗菌剤と呼ばれる。

DNA合成阻害作用があり、グラム陽性菌グラム陰性菌に対し、広く抗菌効果を示す。経口薬や点眼薬などに広く用いられている。

GABA受容体結合により、痙攣を誘発する副作用がある。特にNSAIDs(非ステロイド系抗炎症薬)との併用は危険であるとされる。

次のような系統がある。

  • エノキサシン
  • オフロキサシン(OFLX)
  • ガチフロキサシン
  • ガレノキサシン(GRNX)
  • シプロフロキサシン(CPFX)
  • スパルフロキサシン(SPFX)
  • トスフロキサシン(TFLX)
  • トロバフロキサシン
  • ナリジクス酸(NA) (別名、ナリジキシン酸)
  • ノルフロキサシン(NFLX)
  • フレロキサシン(FLRX)
  • モキシフロキサシン
  • レボフロキサシン(LVFX)
  • ロメフロキサシン(LFLX)
用語の所属
抗菌剤
関連する用語
GABA
NSAIDs

コメントなどを投稿するフォームは、日本語対応時のみ表示されます


KisoDic通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Version 7.03 (16-May-2019)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club