通信用語の基礎知識 IPv4
戻る
参加者募集中

パントテン酸

辞書:科学用語の基礎知識 化学物質名・ビタミン編 (NSUBNV)
読み:パントテンさん
外語:Pantothenic Acid 英語
品詞:名詞

記事の有効期限について

この記事は更新履歴情報のない、旧形式項目です。久しく更新されておらず、古い記述を含む可能性があります。

更新すべき内容を見つけた場合は、ページ末の報告フォームよりお知らせください。また、現在当サイトは編集仲間を求めています

ビタミンの一。パンテノール/ビタミンB5。

分子式C11H22N2O5

糖質、脂肪、蛋白質の代謝促進、副腎皮質ホルモンの働きを強化しストレス耐性を向上、免疫力向上、皮膚を正常に保つ、などの働きがある。水溶性。耐熱、耐酸、耐アルカリ。養毛剤にも含有。

パントテン酸の語源はギリシャ語で、"広くいたるところにあるもの" という意味である。この名の通り、様々な食物に含まれていて、余程のことがない限り欠乏症になることはない。

欠乏すると、手足のしびれや痛み、睡眠障害、疲労、食欲不振などを発症する。

酵母、肉類、魚介類、牛乳などに含有する。

関連する用語
ビタミンB群
蛋白質
カルシウム

コメントなどを投稿するフォームは、日本語対応時のみ表示されます


KisoDic通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Version 7.03 (16-May-2019)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club