通信用語の基礎知識 IPv4
戻る
参加者募集中

フォトトランジスタ

辞書:科学用語の基礎知識 電子部品編 (NELECP)
読み:フォト・トランジスタ
外語:photo transistor 英語
品詞:名詞
2005/05/31 作成
2014/06/30 更新

を受けると電流が流れるトランジスタフォトダイオードとトランジスタを組み合わせた受光素子。

フォトダイオードが受光した時に流れる電流は微小なため、これを信号として扱うためには増幅する必要がある。

その増幅回路であるNPN型トランジスタと同じチップ上にフォトダイオードを作ったものをフォトトランジスタという。

端子

フォトトランジスタは二端子の部品でCとEである。

Cがフォトダイオードとトランジスタのコレクタ、そしてフォトダイオードのもう一端はベースに接続され、エミッタがEである。

つまり、ベースとコレクタの間にフォトダイオードが付いたものと言える。

利点と欠点

フォトダイオード単体よりは当然、高出力となる。

但し、トランジスタ分の遅延があるため、リニアリティや応答速度に欠けるのが欠点といえる。

用語の所属
トランジスタ
関連する用語
フォトダイオード
NPN型トランジスタ

コメントなどを投稿するフォームは、日本語対応時のみ表示されます


KisoDic通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Version 7.03 (16-May-2019)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club