通信用語の基礎知識 IPv4
戻る
参加者募集中

増幅回路

辞書:科学用語の基礎知識 電子用語編 (NELECY)
読み:ぞうふくかいろ
品詞:名詞
2002/04/15 作成
2014/09/03 更新

小さな振幅の信号を、より大きな振幅の信号に増大するための回路。これによって作られるものを増幅器]という。

NPN型トランジスタを用いた増幅回路はベースエミッタの間に、電流が流れる順方向へ微弱なバイアス電流を流す。NPNであるので+極がベース、−極がエミッタになる。

その一方で、コレクタ‐エミッタ間にも電圧を加える。+極がコレクタ、−極がエミッタである。

こうすると、トランジスタのコレクタ‐ベース間のダイオードに対して逆方向に電圧がかかることになる。そのため、コレクタ‐エミッタ間は逆方向の電圧を加える、と表現される。

コメントなどを投稿するフォームは、日本語対応時のみ表示されます


KisoDic通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Version 7.03 (16-May-2019)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club