通信用語の基礎知識 IPv4
戻る
参加者募集中

ブナシメジ

辞書:科学用語の基礎知識 生物名編 (BBN)
読み:ブナシメジ
外語:Hypsizygus marmoreus 学名
品詞:名詞
2002/09/27 作成
2011/11/05 更新

キシメジ科シロタモギタケ属の食用。橅占地。

分類

生態

天然物はブナなどの倒木や生木に発生するため、この名がある。

どちらかというと、ひっそりと出るタイプの茸であり、同じブナにびっしりと発生するナメコとは対照的である。

近年は栽培種が多く出まわるようになり、ブナシメジという名前で売られているかどうかは別として、認知度の高い茸となった。

そもそも「シメジ属」ではない茸にシメジと名を付けて売る時点で詐欺っぽいが、かつては「ほんしめじ」「本しめじ」などの名で偽装販売をするなど、さらに悪質であった。

用語の所属

コメントなどを投稿するフォームは、日本語対応時のみ表示されます


KisoDic通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Version 7.03 (16-May-2019)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club