通信用語の基礎知識 IPv4
戻る
参加者募集中

ポークエキス

辞書:科学用語の基礎知識 化学物質名・食品添加物編 (NSUBNFA)
読み:ポークエキス
品詞:名詞
2011/08/17 作成

豚の精肉製造工程において発生した豚の残滓(骨肢や脂肪)を濃縮したもの。調味料として用いられる。

目次

豚から、いわゆる豚肉を取り出すと、骨などが後に残る。

こういった骨は「豚がら」と呼ばれる。煮出せば豚骨スープが出来ることは良く知られており、これ自体も市販されている。これを、業務用として加工し、より使いやすいようにしたものがポークエキスである。

具体的には、煮出したり、酵素分解により旨みを取り出し、それらをペースト状または粉末状に加工して出荷される。

日本のインスタント食品によく使われており、豚骨スープと言った場合は、このポークエキスと豚脂を合わせて味を作っていることが多い。

なお、イスラム教では食べてはいけないもの「ハラム」として豚があり、ポークエキスもハラムであることから、イスラム圏では宗教上の理由から使えない。

用語の所属
エキス
畜肉エキス

コメントなどを投稿するフォームは、日本語対応時のみ表示されます


KisoDic通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Version 7.03 (16-May-2019)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club