通信用語の基礎知識 IPv4
戻る
参加者募集中

中腎

辞書:科学用語の基礎知識 生物学・器官名称編 (BBORGN)
読み:ちゅうじん
外語:mesonephros 英語
品詞:名詞
2013/01/27 作成

脊椎動物の個体発生の過程で、前腎に続いて現われる腎臓

魚類以降に現われ、魚類と両生類は生涯腎臓として働く。

しかし、より進化した脊椎動物では後腎に移行し、中腎は胎児期に退化する。

進化

非常に原始的な脊椎動物である円口類は中腎を認めず、生涯を前腎で過ごす。

魚類両生類では幼生期の初期に前腎が機能するが、その後中腎に変わる。

爬虫類鳥類哺乳類になると、胎児期の初期に機能するが、やがて発生する後腎に機能が引き継がれる。

構造

ネフロン一つだけからなる前腎の尾側に、ネフロン10〜50程度で作られるものが中腎である。

爬虫類/鳥類/哺乳類では胎児期、中腎の尾側に尿管芽と呼ばれる突起が出現する。その周囲に間葉系組織が集まり、やがて数百万ものネフロンを持つ後腎を作り、それに伴い中腎は退化する。

哺乳類の場合、この時生じた中腎管は、雄では雄性生殖器へと発達するが雌の場合は退化し、中腎傍管が発達して雌性生殖器を形成する。哺乳類において泌尿器と生殖器が一体化しているのはこのためで、あわせて尿生殖器系ともいう。

用語の所属
腎臓
関連する用語
前腎
後腎

コメントなどを投稿するフォームは、日本語対応時のみ表示されます


KisoDic通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Version 7.03 (16-May-2019)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club