通信用語の基礎知識 IPv4
戻る
参加者募集中

五臓六腑

辞書:科学用語の基礎知識 生物学・器官用語編 (BBORGY)
読み:ごぞうろっぷ
品詞:名詞
2001/08/03 作成
2014/12/11 更新

東洋医学の考え方で、人間の全ての内臓のこと。五つの臓器と六つの腑。

目次

東洋医学の臓腑というのは、必ずしも西洋医学の解剖学的なものとは一致してはいない。

実際の臓器そのものではなく、ある作用を行なうための領域のことを臓腑として表わしている。従って、西洋医学の臓器との単純な比較はできないことには留意せねばならない。

六臓六腑と言った場合は、臓に「心包」が加わる。

現代西洋医学での臓器と比較すると「膵臓」がなく、また実際の臓器としては存在しない「三焦」「心包」というものが含まれている。そのため、現代西洋医学で言うなら五臓六腑ではなく「六臓五腑」ということになる。

五臓に膵臓が含まれなかった理由は諸説あるが、膵臓は他の臓器とは形態が異なる上、死後変化を起こしやすいので、大昔の医学では臓器であると分からなかったのではないか、という説が有力である。

関連する用語
内臓
五感

コメントなどを投稿するフォームは、日本語対応時のみ表示されます


KisoDic通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Version 7.03 (16-May-2019)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club