通信用語の基礎知識 IPv4
戻る
参加者募集中

内分泌撹乱物質

辞書:科学用語の基礎知識 化学物質用語編 (NSUBY)
読み:ないぶんぴつ・かくらんぶっしつ
外語:endocrine disrupting chemicals 英語
品詞:名詞

記事の有効期限について

この記事は更新履歴情報のない、旧形式項目です。久しく更新されておらず、古い記述を含む可能性があります。

更新すべき内容を見つけた場合は、ページ末の報告フォームよりお知らせください。また、現在当サイトは編集仲間を求めています

動物の生体内に取り込まれると、正常なホルモンの作用に悪影響を与える外因性の物質のこと。

ヘキサクロロシクロヘキサン(HCH)、エチルパラチオン、カルバリル、クロルデン、1,2-ジブロモ-3-クロロプロパン(DBCP)、DDT、DDE、DDD、ケルセン、アルドリンなどの、有機燐系や有機塩素系の殺虫剤が主である。他にポリ塩化ビフェニール(PCB)のような工業で使われる物質もある。

一般に農薬として広く使われ、虫も喰わぬような野菜人間が食べつづけ蓄積したこれらの物質は、やがて体に異常をきたすのである。

コメントなどを投稿するフォームは、日本語対応時のみ表示されます


KisoDic通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Version 7.03 (16-May-2019)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club